ゆばの簡単なお召し上がり方、調理法などの紹介
 
     

生ゆばつまみを小鉢などに盛り、千切りにした大葉、イクラ、又はウニなどを添えて、だし醤油でお召し上がり下さい。


さしみゆばをパックからとりだし、豆乳分を軽く絞り、4〜5cmに切り、重ねて器に盛ります。
だし醤油の薬味は、わさびの他に、春は木の芽、夏は生姜、秋は柚子、冬は七味などで四季をお楽しみ下さい。



大原木ゆばを熱湯で軽く茹で、器に盛り付けます。その上から蟹の身などを使用した銀あんを流し入れます。
【銀あんの材料】
大原木ゆば7個分
蟹のほぐし身100g
だし汁----600cc
薄口醤油--大さじ1.5杯
みりん----大さじ1.5杯
水溶き片栗粉
(水大さじ2杯、片栗粉大さじ2杯)


揚茶巾ゆば(写真は海老茶巾)を水が沸騰した鍋に入れ、弱火にして5分間油抜きをします。その後、水分をきり、別の鍋で沸騰しないように弱火で約10分間煮含めます。
【煮汁】
揚茶巾10個分(海老茶巾5個分)
だし汁--400cc
砂糖----大さじ2.5杯
醤油----大さじ1杯
みりん---大さじ1杯
塩------小さじ1.5杯
 
 
 
 




 

有限会社 宮城野ゆば本舗



〒981−3131宮城県仙台市泉区七北田字菅間34
http://www.miyaginoyuba.co.jp
staff@miyaginoyuba.co.jp
TEL022-375-4611 FAX022-372-8548