ゆばの種類
 
【生ゆばつまみ】

ゆばの膜のはり始めのやわらかい状態で、つまみ上げます。
とろみとコクがあり、濃厚な味わいです。
 
【生ゆばさしみ】

ゆばの膜が薄く、繊細な状態にはったところを引き上げます。
それを豆乳に浸しておきます。
なめらかな舌ざわり、ここちよい歯ざわりがあります。
 
【生平ゆば】

程好い厚さの膜の中心を引き上げます。
引き上げる際、膜と膜の間に豆乳が微量閉じ込められ、旨みも閉じ込められます。
弾力とやわらかさのバランスを大切にしています。
 
【小巻ゆば】

とれたての平ゆばを2枚巻き上げます。
調理時の味のしみ具合、召し上がるさいの噛み応えを考え、
程好い加減で巻いています。


※撮影の為、4等分にカットしたものを使用しています。
 
【大原木ゆば】

一重に引き上げたゆばを3枚重ね、約7cmに切り、中心を昆布で結んでいます。
ふわっとした食感をお楽しみ頂けます。
 
【揚茶巾ゆば】

刻んだゆば、ごぼう、銀杏、きくらげ、鶏肉を平ゆばで包み、かんぴょうで結び、油で揚げています。
それぞれの具材の美味しさがとじこめられています。
※海老の朱が鮮やかな海老茶巾、鶏肉の替わりに帆立が入る帆立茶巾などもございます。
 
【揚巻ゆば】

平ゆばを巻いたものを約2cm幅に切り、油で揚げています。
ゆばは本来、油との相性もよく、生ゆばとは違う味わいがあります。
※揚巻ゆば(小)もございます。
 
 
宮城野ゆば本舗Webショップ
↑ご注文はこちらから↑
 




 有限会社 宮城野ゆば本舗

〒981−3131宮城県仙台市泉区七北田字菅間34
http://www.miyaginoyuba.co.jp
staff@miyaginoyuba.co.jp
TEL022-375-4611 FAX022-372-8548